外注化をスムーズにする為に!きちんと管理すれば手間が省ける!

アドセンスで稼ぐ

 

こんにちは、あすみです。

 

今日は後からめんどくさい事にならないように!

 

外注化する際のこれだけやっとけば大丈夫な

管理法を解説です(^-^)

 

どのアドセンス記事をどうしたかわかなくなる!?

そうなんです。

 

 

私がバカだからかもしれないんですが、

外注化が進んでくると、

 

『あれ?この記事って構成さんに依頼したっけ?』

 

とか、

 

『この記事前も投稿してますよ~笑』

っと外注さんから教えてもらったり(^_^;)

 

とかゆう事が出てきます。

 

 

外注化が進んでくると自分で記事を書かなくても

どんどんどんどん

 

記事が出来上がって

記事が構成されて

記事がアップされて

 

(して頂いて)来るので、

その簡単すぎる分、

どの記事をどうしたかがわからなくなるんです。

 

そこで私がしている対処法!

 

外注さん管理フォルダを作ります

● (外注さんの名前)様  記事フォルダ

 

● (外注さんの名前)様  構成済み記事フォルダ

 

● 投稿済み記事フォルダ

 

このようなフォルダを作っておき、

外注さんから記事や構成済み記事が

送られて来た際に入れておきます。

 

 

記事を例にあげると、

 

記事が上がってくる

 

↓↓↓↓↓

 

フォルダに入れて管理

(例:〇〇様記事フォルダ)

 

↓↓↓↓↓

 

その記事を構成依頼する

 

↓↓↓↓↓

 

〇〇様記事フォルダの中の

構成を依頼した記事に印を付ける

(印機能がないパソコンの場合は

構成依頼済みファイルを作って、

依頼済みの記事を移動させてもいいです)

 

 

 

 

この青いのが印ね。

 

こうしておけば、

一度構成を依頼した記事を

再度構成依頼してしまった!

 

なんてゆーミスが防げます。

 

同じことが構成済み記事を

投稿してもらう時にも使えます。

 

 

まあ、依頼したらそのファイルは消せばって話なんですけど、

アドセンス記事は資産になる大切なもの。

 

 

バックアップはきちんと取るけど、

その他の残しておけるデータも全てきちんと

残して管理しておくことをお勧めします。

 

あなたのパソコンに何が

あってもどっかで何かが

助け舟になるようにね!

 

誰に何を依頼したかメモしておく事も重要

 

まだ外注さんが少ない内からメモを取って

管理するクセを付けておきましょう。

↓↓これが私の実際のメモです↓↓

青字は解説】

 

(外注さんの名前)様

記事待ち ←記事依頼をしたので待つだけ

ボーナス進呈 2・23

2・23 ←作業した日にち

 

(外注さんの名前)様

記事ダウンロードして検収 ←記事の納品があったのでダウンロードして検収

新規依頼する ←新しい依頼をする

2・21

 

(外注さんの名前)様

記事待ち

2・23

 

(外注さんの名前)様

校正待ち ←校正依頼をしたので待つだけ

2・23

 

(外注さんの名前)様

校正待ち

2・23

 

(外注さんの名前)様

投稿待ち ←投稿依頼をしたので待つだけ

お子さんインフルエンザの為一週間お休み

ボーナス進呈 12・16

2・20

 

作業最終 2・23 ←自分の現段階の最終作業日を書いておく

 

 

 

こんな感じでザックリ書いとくだけで

全然分かりやすくなります。

 

クラウドワークスでも、管理表がありますが、

見づらいので自分メモは必須です!

 

 

 

いつ何を依頼したかはもちろん、

ボーナスをあげたとか、

何日~何日まで休みたい申請をもらってるよとか、

いちいち書いとけば、

後であれ?ってなる事はありません。

 

 

こんな風にちょっとの手間で、

しっかりと管理しておけば、

後で何が何だかわからなくなって、

めんどくさい事になるなんて事はなくなります。

 

慣れれば全然手間ではないので、

しっかりと管理して、

全ての外注さんに

早めの対応をする事が重要ですね~

 

 

私は、

この無料メルマガで教えてもらってるノウハウを実践してます

↓↓↓↓↓

gaityu300.png

アドセンスで思うように結果が出ない?

それなら絶対に登録しておくべき必読メルマガはコレ!

 

お読みくださってありがとうございます。

あすみ

 

コメント

ブログランキングを見る

ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!


人気ブログランキング

タイトルとURLをコピーしました